【PMO】プロジェクトマネジメント・アソシエイト「PJM-A」認定資格について

スポンサーリンク
336*280

プロジェクトの現場業務において習得すべき基本的な知識と技術の習得を証明する資格です。

プロジェクトは、未来に目標を設定し、それを達成させるための活動です。その活動の管理手法であるプロジェクトマネジメントは、多種多様な業種・業態・案件で活用できる管理手法です。今やプロジェクトマネジメントはビジネスをする上で土台となるビジネススキルとして着目されています。

NPMO認定PJM-A資格は、プロジェクトの現場業務において基本として習得すべき知識と技術を確認し、それを認定する実践重視の資格です。

NPMO認定PJM-A資格は一般社団法人日本PMO協会が資格認定を行っております。

資格・学習要件:学習、習得スキル概要

【基本概念】
目標設定力×計画力×実行力=価値を生み出すビジネスの基礎力を身に着ける。
プロジェクトの全体像の理解
プロジェクトマネジメントの本質と重要性およびその「知識」を理解する。
プロジェクトマネジメントの「基礎技術」を習得し、ビジネス力(想像力・計画力・実行力)の基礎を形成する。

【知識】
新しい価値を創造する「プロジェクトマネジメントの重要性」を理解する。
プロジェクトの意味や基本概念を理解する。
プロジェクトマネジメントの意味や基本概念を理解する。
プロジェクトマネジャーの基本的役割やその重要性を理解する。

【技術】
「価値を創造するプロジェクトマネジメント」で即戦力となる最低限必要なプロジェクトマネジメントツールの知識と技術を身に着ける。
プロジェクト宣言書の基礎知識と技術を身に着ける。
WBSの基礎知識と技術を身に着ける。
RACIチャートの基礎知識と技術を身に着ける。
コスト管理表の基礎知識と技術を身に着ける。
リスク管理表の知識と技術を身に着ける。
プロジェクト終了書の知識と技術を身に着ける。

資格取得までのプロセス  

オンライン完結: Eラーニング教材とオンライン試験で、ご自身のペースで学び、資格取得。

「忙しい受講者に学びの時間を」をモットーに、Eラーニング教材とオンライン試験を導入しております。
受講者・受験者のちょっとした時間、例えば、通勤時間、営業時間前後の1時間、土日祝日などを活用いただけます。

1. 映像型Eラーニング教材で学ぶ (約7時間)+自習(約20~40時間)で学ぶ
2. オンライン試験をご自宅で受験(2時間)
3. 合格し資格取得 or 再試験
※試験問題の75%の正解率で合格します。

pmo01

PCでもスマートフォンでも学習が可能です。
●サンプルEラーニング受講は<こちら> ※日本PMO協会Webへ
●推奨動作環境は<こちら> ※日本PMO協会Webへ

講師は現役大学院MBAプログラム「プロジェクトマネジメント」講師

多様なグローバル・プロジェクト経験者で現役大学院MBAプログラムの講師が、臨場感のある映像型Eラーニングを通じて、分かりやすく説明します。

●講師
一般社団法人日本PMO協会 代表理事 伊藤 大輔
<講師プロフィールはこちら>

  資格取得のメリット

資格取得のメリットは、お仕事やプライベートでの活動で学んだことを活用できることはもとより、第三者機関が受験者の知識や技術を認めることによる様々なメリットがあります。

NPMOは中立な立場で皆様の知識や技術をNPMO認定資格制度で認めております。またNPMO認定有資格者へは認定資格証を発行しております。

  • スキルアップ:プロジェクトの現場業務において基本的な知識と技術を習得することにより、ビジネス力がアップします。
  • キャリアアップ:NPMOが第三者機関として習得した知識と技術を認定することで、知識と技術を証明することができます。履歴書や会社内での評価制度、名刺などに取得した資格名を記載することができるため、資格を活用しキャリアアップのチャンスが得られます。
  • 就職活動で有利:学生の皆様は、取得した資格を履歴書に記載することができ、ビジネスの実践力をアピールできます。企業活動には必ずプロジェクトマネジメントが含まれます。就職活動時にビジネスの即戦力となることを取得した資格でアピールすることができます。
  • 仕事で即実践:NPMOの資格取得学習では「即実践」をモットーに、資格に応じた最適なプロジェクトツール類を提供しています。これらを使い、仕事やプライベートで即時実行できる環境を提供しています。

NPMO認定有資格者の証明方法

認定資格証、名刺への記載、履歴書への記載によってアピールが可能です。

pmo02

NPMO認定資格試験の合格者に対し、NPMOから認定資格証を発行しお届けします。

pmo03

NPMO認定資格試験の合格者に対し、名刺への指定の「資格名」の記載、指定の「資格ロゴ」の掲示を認めています。
※表示のロゴはサンプルです。各資格に応じて指定されたロゴを利用いただきます。
※記載資格名はNPMOが認めた「NPMO認定プロジェクトマネジメント・アソシエイト」、「NPMO認定PJM-A」いずれかの記載になります。

受験資格

NPMO認定 PJM-A(プロジェクトマネジメント・アソシエイト)はプロジェクトマネジメント資格のエントリーモデルとして幅広い方々にチャレンジいただくことが可能です。ビジネス・プライベートの飛躍のきっかけとしてぜひこの機会にご活用ください。

●指定のNPMO認定教材での学習を修了した者。
●年齢・性別・国籍は問わず受験いただけます

費用

NPMO認定教材(映像型Eラーニング)

約5時間の映像型教材です。
スマートフォンでも学べるため、時間と場所を選ばず学ぶことができます。通勤時間、営業時間前、営業時間後などを有効に使い学ぶことができる教材です。
また、最低限のプロジェクトツールをマイクロソフトエクセルでご提供しています。
学んですぐに実務で使える教材です。

●サンプルEラーニング受講は<こちら> ※日本PMO協会Webへ

 教材料金

●一般 25,000円(税別)
●個人会員 20,000円(税別)※注意
●法人会員 17,500円(税別)※注意

※個人会員・法人会員価格で購入希望の方は、会員登録完了後のお申込みが必要です。個人会員・法人会員をご希望の方は、問い合わせフォームよりお申込ください。追って弊社担当よりご連絡致します。
日本PMO協会 個人会員・法人会員制度の詳細は<こちら> ※日本PMO協会Webへ
※現在「個人会員」については初年度年会費無料とさせていただいております。是非ご活用ください。詳細は<こちら>※日本PMO協会Webへ

受験(オンライン受験)

ご自宅で受験できる2時間のオンライン試験です。

試験問題は4択の選択回答方式です。問題数は120問です。制限時間内にご解答いただきます。教材で学ぶ重要ポイントを理解し記憶していないと全ての問題に解答できない制限時間設定になっています。教材でしっかり学んでから受験していただくようにお願い申し上げます。

受験料金

●一般 5,000円(税別)
●個人会員 3,000円(税別)※注意
●法人会員 3,000円(税別)※注意
※上記は1回の受験料となります。
※2回目以降、再受験ごとに上記料金が別途かかります。
※受験は何度でもチャレンジいただけます。

※個人会員・法人会員価格で購入希望の方は、会員登録完了後のお申込みが必要です。個人会員・法人会員をご希望の方は、問い合わせフォームよりお申込ください。追って弊社担当よりご連絡致します。
日本PMO協会 個人会員・法人会員制度の詳細は<こちら> ※日本PMO協会Webへ
※現在「個人会員」については初年度年会費無料とさせていただいております。是非ご活用ください。詳細は<こちら>※日本PMO協会Webへ

資格登録手数料

合格いただきますと資格の登録手続きがオンラインで可能となります。登録手続きにより、日本PMO協会から認定資格証の作成・発送をさせていただきます。あわせて名刺記載ルールなどを資格登録者の皆様に送信させていただきます。

資格登録料金
●一般 8,000円(税別)
●個人会員 6,000円(税別)※注意
●法人会員 6,000円(税別)※注意

※個人会員・法人会員価格で購入希望の方は、会員登録完了後のお申込みが必要です。個人会員・法人会員をご希望の方は、問い合わせフォームよりお申込ください。追って弊社担当よりご連絡致します。
日本PMO協会 個人会員・法人会員制度の詳細は<こちら> ※日本PMO協会Webへ
※現在「個人会員」については初年度年会費無料とさせていただいております。是非ご活用ください。詳細は<こちら>※日本PMO協会Webへ

更新制度

【NPMO認定Eラーニング・セミナー受講による更新権利取得】

資格取得後2年間で、NPMO認定Eラーニングかセミナーを合計20時間受講し、知識と技術を学ぶことで更新権利を取得できます。
学んだNPMO認定Eラーニングやセミナーをオンライン申請することで負担なく資格更新できます。
Eラーニングやセミナーは価値あるリーズナブルなものとなっており、皆様の継続的な学びを支援しております。

【NPMOアンバサダー制度による更新権利取得】(個人・法人会員のみ)

個人・法人会員の皆様には「NPMOアンバサダー制度」を設けております。
2年間で合計20時間以上のNPMOアンバサダー活動を行い、NPMOに申請、承認されると資格更新の権利を得られる制度です。
日本におけるプロジェクトマネジメントを普及させたいという想いが込められた制度です。
NPMOアンバサダー制度の詳細は<こちら>  ※日本PMO協会Webへ

  •  プロジェクトマネジメントに関するNPMO有資格者としての団体への講演、講義、研修、啓蒙、および個人への指導、教育、啓蒙。
  • NPMOアンバサダー活動への参加。(随時日本PMO協会Webサイトで募集予定となります)

<理想的な更新プロセス例>

【取得時】(例)2014年4月           NPMO認定試験合格(資格発行)
【1年目】(例)2014年4月~2015年3月     NPMO映像型Eラーニングかセミナーを10時間程度受講
【2年目】(例)2015年4月~2015年12月     NPMO映像型Eラーニングかセミナーを10時間程度受講
【2年目更新時】(例)2016年1月~2016年3月  NPMO認定資格更新手続き⇒資格更新(手続き完了)

資格更新料金(2年に1回)
●一般 8,000円(税別)
●個人会員 6,000円(税別)※注意
●法人会員 6,000円(税別)※注意

※個人会員・法人会員価格で購入希望の方は、会員登録完了後のお申込みが必要です。個人会員・法人会員をご希望の方は、問い合わせフォームよりお申込ください。追って弊社担当よりご連絡致します。
日本PMO協会 個人会員・法人会員制度の詳細は<こちら> ※日本PMO協会Webへ
※現在「個人会員」については初年度年会費無料とさせていただいております。是非ご活用ください。詳細は<こちら>※日本PMO協会Webへ

お申し込みはこちらから

日本PMO協会 利用規約に同意の上、お申込みください。

The following two tabs change content below.
Seeplink編集部
Seeplinkは講師と受講生をダイレクトにリンクする(=つなぐ)ポータルサイトです。
楽天
スポンサーリンク
336*280
336*280

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

友だち追加