【宅建】平成28年の合格ラインやいかに?

みなさんこんにちは。

平成28年の宅建試験から2週間経ちました。

受験した方が気になるのはもちろん「合否」なわけですが、その合否の前提となる「合格ライン」に皆さんの関心が向けられていることでしょう。

わがSeepでは、合格推定点の発表をしておりません。その理由は

  • 信頼できるだけの分量のデータを取れない
  • 結局のところ試験実施団体がどれだけの合格者数を出すかによって点数が上下するので、あくまでも「予想」に過ぎない
  • 合格推定点が当たっていようが外れていようが、受かる人は受かるし・落ちる人は落ちるし・・・

といったあたりです。

が、このサイトを見に来る方は合格ラインがやはり気になるようですので、大手予備校の公表している合格ラインをまとめてみましょう。

スポンサーリンク
336*280

大手予備校

  • TAC:35点±1
  • LEC:35点±1
  • 日建学院:34点±1

日建学院がやや下を攻めましたが、35点前後がコンセンサスといったあたりでしょうか。

著名講師

  • 水野先生(LEC):34点or35点
  • 宮嵜先生(日建学院&みやざき塾):34点or35点
2016宅建試験を語る~分析と合格予想ライン~座談会Live中継のご案内♪ ★本試験当日夜2016宅建本試験を語る~分析と合格予想ライン~ YouTube宅建みやざき塾で、公開させていただきました。追記ユーキャンのデータが公開されました。平均点31.4(約4,000名様)過去のデータと比較すると、(ユーキャンのデータか...

奇しくも同じ感じですが、予備校よりは34点よりな感じですね。

他にもたくさん予想が出ておりますが、収集していると思われる受験生データの母数から見て、これ以外は見てもあまり意味がないでしょう。

データ分析ものは大手予備校のデータを持っている人以外は、フィーリングで言っているだけなので、見ても仕方がないのですよ。。。

来年の受験を目指す方へ

まずは平成28年の本試験をしっかりと分析しましょう!

Seepの本試験分析は以下のリンクからどうぞ。

【宅建】平成28年本試験講評(権利関係)

【宅建】平成28年本試験講評(法令上の制限・税その他)

【宅建】平成28年本試験講評(宅建業法)

The following two tabs change content below.
Seeplink編集部
Seeplinkは講師と受講生をダイレクトにリンクする(=つなぐ)ポータルサイトです。
楽天
スポンサーリンク
336*280
336*280

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

友だち追加