【宅建】本当に使える講義2017

みなさん、こんにちは。

先日、本当に使えるテキストについてお話をしました。

みなさん、こんにちは。 2017年の宅建試験まであと5ヶ月ぐらいです。 そろそろテキストは揃えておきたい頃ですね。 という...

今回は講義版です。

スポンサーリンク
336*280

本当に使える講義とは

つまるところ、本当に過不足なく合格に必要なノウハウを伝えてくれる講義が本当に使える講義と言えるでしょう。

ポイントは「過不足なく」という点にあります。

つまり、合格に必要な知識が不十分じゃお話にならないわけですが、多すぎても消化不良を招きます。

この塩梅がわかっている講師による講義が本当に使えるわけです。

わかっている講師とは

では、この塩梅がわかっている講師とはどのような講師でしょうか?

  • 平成に入ってからの過去問については覚えるぐらい解きこんでいる
  • 宅建試験の出題傾向について、真剣に研究をしている
  • 今年の試験に何が出るか、根拠を持って話すことができる

「あの先生、話分かりやすい」とか「話おもしろい」などは入りません。

はっきり言って、宅建試験の内容をわかりやすく説明するなんてレベルは、ぽっと出の素人でもできる話なので、「分かりやすい説明」ぐらいしか強みのない講師はダメでしょう。

で最終的に誰がいいのよ

これについては明確にしません。

大人の事情。。。ではなく、講師の好き嫌いって誰にでもあるからです。

実際に受験する貴方にとっていい先生がベストの先生です。

したがって、Youtube等で動画をアップしている先生であれば、それをよく見て決めるべきでしょうし、また、多くの受験予備校は無料体験をしているので、実際に授業を受けて決めるようにしましょう。

その際のポイントは「説明が分かりやすい」しかウリがない人は選んじゃダメ、という点です。

The following two tabs change content below.
Seeplink編集部
Seeplinkは講師と受講生をダイレクトにリンクする(=つなぐ)ポータルサイトです。
楽天
スポンサーリンク
336*280
336*280

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

友だち追加