【行政書士】本当に使える講義2017

みなさん、こんにちは。

先日、行政書士のテキストをまとめました。

みなさん、こんにちは。 2017年の行政書士試験まであと半年ほどになりました。 すでに学習を初めている方も多いとは思いますが、行...

今回は講義についてまとめていきましょう。

スポンサーリンク
336*280

独学かスクール利用か

かつては独学か否かは大きな論点でしたが、受験生のレベルがぐっと上ったことから、スクール利用が前提の試験となったように見受けられます。

もちろん、受験生のレベルを上げた一番の要因であるロースクール生については、ロースクールの授業をきちんと消化できていれば独学で十分でしょう。

どの講義を選ぶか

スクール利用を前提とした場合、どのスクール、どの講師を選ぶかが問題となります。

講師の好き嫌いは主観的な面が大きいので、実際に授業を受けて決めるのがベストでしょう。

一般的なスクールは無料体験講義を実施しておりますので、積極的に利用しましょう。

その上で決められない方は大手がよいでしょう。

LEC

TAC

大手といえばLECかTACでよいかと思います。

なぜ、大手がよいかというと

  • 多くの受験生を見ているのでカリキュラムがしっかりしている
  • 問題演習、模擬試験についても多くの問題のストックを持っているので、演習の機会をたくさん持てる
  • 大手の模擬試験は受験者数も多いことから、受験生全体のレベル感をつかみやすい
  • 一人の先生に依存しないので、その先生の反りが合わなかった場合でも乗り換えが効く

といったあたりです。

どうしても他を選びたいという方もいらっしゃるかもしれませんが、講師が合否に関与できる割合が大したものではありません。

とっとと通うところ決めて、早く学習に取り組まれたほうが合格可能性が高くなるといえるでしょう。

The following two tabs change content below.
Seeplink編集部
Seeplinkは講師と受講生をダイレクトにリンクする(=つなぐ)ポータルサイトです。
楽天
スポンサーリンク
336*280
336*280

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

友だち追加